トスバッテイングのアレンジ

トスバッテイングの練習を行っていますか?
ソフトボールのバッティングでは、ある程度は一番力の入る位置というのは誰も共通していますが、実際に打ってみると、人それぞれ少しずつ違うものです。

 

 

ですが、打てるバッターと言うのは、自分のミートポイントをしっかり見極めてボールを打っています、
そんな自分の最も力が入って鋭いスイングで打つ練習方法としてお勧めなのが、トスバッティングです。

 

 

とは言っても、一般的な斜め前横からトスを投げてもらい打つのではなく、打者の後方の2mくらいの距離がらトスを投げるようにします。

 

 

この時にボールは後方からきますが、顔は正面を向けて、目線だけは後ろ置きます。
このようにして視界に入ってきたボールを打つわけですが、ボールを捉える為には、バットを振るまでの反応と、スイングを速くすることが必要になってきます。

 

 

このトスバッテイングのアレンジ練習をすることで、後方からのトスを打てるようになれば、ボールを呼び込んで自分の最も力の入る位置で鋭いスイングが出来るようになれる筈です。

 

 

最初は、ゆっくりトスを投げてもらい、次第にスピードをあげて練習すると良いでしょう。
このように、基礎的なメニューでも少しアレンジすることで、より試合に近い状況でバッティング練習することが出来て、効率よく上達できるのです。

 

 

なお、トスバッテイングの基本は必ずワンバウンド投げてくれる選手に返すことです。

 

 

ソフトボール打撃・走塁の極意の詳細を見てみる