ソフトボール打撃・走塁の極意の購入レビュー

北京オリンピック金メダリスト、東京国際大学女子ソフトボール部監督 三科真澄監修のソフトボール打撃・走塁の極意DVD2枚組を購入したので、その中身をレビューしたいと思います。

 

ショート

 

打撃編では、バットの握り方などの基本から、速球、内外角、高め低め、ライズボール、ドロップボールなどの変化球の打ち方やショートティの種類、バントなどの効果的なやり方やコツ。走塁ではファーストベースの駆け抜け方、スライディングしたの後のアクションの仕掛け方など、試合で即使えるようになる実戦的な練習方法が数多く紹介されてあります。

 

以下がDVDの中身です。

 

早撃ち

DVD1

ショートティーバッティングの基本
早撃ち〜下半身を強化するバッティング
高め、低めのボール
正面ティ さまざまなボール
トスバッテイング

 

 

バッテイング

DVD2

左バッターのスイングの仕方
スラップ
左バッターの送りバント〜セーフティバント
バッテイング まとめ
走塁練習
スライディング

 

 

以上が三科真澄監修のソフトボール打撃・走塁の極意DVD2枚組の中身です。

 

実際に見た感想

まず、言えるのは、とにかくわかりやすい!!
市販など本などでは決してわからない実践的な練習方法やコツが三科さんと城戸さんの実演で解説してあり、ソフトボール初心者の選手や指導者でもすぐに日頃の練習に取り入れられると思います。

 

 

DVDも高画質映像で見やすく、声も聞き取りやすいですし、重要なポイントには画面の下にテロップも表示され、一連の動作が見てイメージしやすいのがいいですよ。(^^)/

 

 

特に僕が見て良かったのは、ショートティーや早撃ちなどのバッティング練習です。
「こういうやり方もあるのか」と、知らないこともたくさんあり、やっぱり、市販本などは全然違うなーっと思いました。

 

 

また、ソフトボールはがたいがいい選手がホームランを打つだけではないですし、身体が小さくても個性を生かして活躍できるバッティング方法がたくさんあります。

 

 

送りバント、セフティバント、スラップ、ロング、ショートなど、いろいろな打ち方があるので、自分に合った打ち方を身につけるにはとてもいい教材かな。
それぞれの選手が自分に合ったバッティングをマスターすれば、チームの攻撃力もあがりますし、選手のやる気にもつながると思います。

 

 

また、打者走者やそれぞれの各塁の走者は、それぞれの構え方だったり、離塁の仕方、ベースランニング、そしてスライディングの種類とその仕方などについても学ぶことも大切です。

 

打撃

 

私も今はスポ少のソフトボールで子供たちの指導を時々していて、今年で2年目です。
やはりソフトボールで最も楽しいことは、何といっても打つことだと思います。

 

 

内野手の間を抜いて一塁ベースに立った選手の笑顔はとても輝いて見えます。
二塁打、三塁打、そしてホームランなどを試合で打ったとなれば、一生の思い出にもなります。

 

 

ただ、ソフトボールも勝ち負けがあるスポーツなので、勝たないとその喜びも半減してしまいますよね。('Д')
中学、高校とレベルが上がってくれば、打者はピッチャーが投げた威力のある速球や様々な変化球をどのようにすれば強打、好打できるかを考え高度な技術を習得しようと必死になって練習をしています。

 

 

その成果として全国大会や大事な試合において、好投手や豪速球投手を打ち込んだ時の快感は口にしがたい喜びになります。
オリンピックに出場し、しかも金メダルをとった国内屈指の強打者&好打者の打ち方や練習方法などを見て学ぶということは、高度な打撃技術を習得するうえで、一番大切なことだと思います。

 

 

ただ、値段が高いというのがデメリットでしょうね。私も購入するときにはかなり迷いましたが、三科さんのメールサポートもあったし、返金保証もあったので、思い切って購入て良かったです。(^-^;

 

 

何より、後になって「あの時に買っておけば良かった」と後悔するのは嫌ですもんね。
子供達には、やはり少しでも上手くなって勝つ喜びを味わってほしいです。

 

 

今はどちらかというと打撃力より投手力が強いので、試合に勝つには打撃面を強化をはかる必要があるのかな?っと思うので、少しでも参考になればと思います(^^)/

 

 

ソフトボール打撃・走塁の極意の詳細を見てみる